【ルイヴィトン】ヴィトン スニーカー コピー★ ★モノグラムパターンが目を引く!スニーカー 1A810J

ルイヴィトン

【ルイヴィトン】ヴィトン スニーカー コピー★ ★モノグラムパターンが目を引く!スニーカー 1A810J

ルイヴィトン スーパーコピーn級品信用できるLouisVuittonコピーバッグ偽物通販ヴィトンコピー2023年最新作優良販売店バッグ、Tシャツ、ズボン、スニーカー、指輪、スマホケース業界最大級LouisVuittonスーパーコピー信頼保証

ヴィトン スニーカー コピー★ルイヴィトン★モノグラムパターンが目を引く!スニーカー 1A810J
■■ 商品詳細 ■■
色:ブラウン
素材: モノグラムキャンバス、メッシュ、カーフレザー

アウトソール:テクニカルラバー

ヴィトン スニーカー コピー★ルイヴィトン★モノグラムパターンが目を引く!スニーカー 1A810Jヴィトン スニーカー コピー★ルイヴィトン★モノグラムパターンが目を引く!スニーカー 1A810Jヴィトン スニーカー コピー★ルイヴィトン★モノグラムパターンが目を引く!スニーカー 1A810Jヴィトン スニーカー コピー★ルイヴィトン★モノグラムパターンが目を引く!スニーカー 1A810Jヴィトン スニーカー コピー★ルイヴィトン★モノグラムパターンが目を引く!スニーカー 1A810J

推奨商品住所:https://www.replicajp.com/p-9370.html

【ルイヴィトン】ヴィトン スニーカー コピー★ ★モノグラムパターンが目を引く!スニーカー 1A810J

2015年3月6日(金)、ヨウジヤマモト(Yohji Yamamoto)の2015-16年秋冬コレクションがパリで発表された

残り香山本耀司の言葉を借りて表現することになるが、ショーを終えた今もなお余韻が続く、そんなショーだったモデルたちが1歩前へ進むと、ほんの少しだけ遅れて布地がついていく布が流れるように揺れ動く、わずかな瞬間の美しさを体現しているようなシーズンだった

音楽は何もなく、照明はほんのりと灯されているそこに真っ黒な出で立ちに、ハットを召した1人のモデルが現れた両手を胸下で組み、品のある姿で、ゆっくりと前へ進むその時間が、観客に洋服の細かい部分まで丁寧に見せ、思考する余裕を与えてくれるステージ中央まで来ると装いがよくわかる振袖を想起させるたっぷりとした袖の羽織ものヴィトン コピー 財布その下からは、ほんのりとスカートをみせている身体の動きに合わせた生地の流れがバックスタイルから香り、優しさと気品を感じさせる

はじめは、上着からスカートやパンツが見えていたが、少しずつ裾が長くなり、しまいには床に引きずるほどにそれに伴うように、音楽や照明も少しずつ加えられ、パズルを1ピースずつはめて1枚の絵を完成させるような、ゆったりとした時間軸でショーは進行していく

 

基本は黒を基調に、ジャケットやスカート、パンツが展開し、ストールのような大きな布を取り入れているそこに、フード付きのマントや靴下などで赤色を足してみたり、白いシャツやライラックのハイネックトップスを取り入れてみたりと、色を塗り足すまたベースとなる黒も、ウォーキングに合わせて表情の変化を楽しめるよう、光沢のある生地を採り入れたりと、四季のように移ろいゆく

この穏やかな空間に突如して、驚きが投げ込まれた傘のように広がる大きなドレス透け感のある生地で覆われているが、中の骨組みが見えているなんだこれは…と独り言ちてしまうほどこの演出は何度か繰り返され、床に水平なものや風車のようなもの、立体を2つ積み重ねたものなど、シルエットが変貌していくと同時に、うねりやひねりを加え骨組みも変わっていくのだったどこまで洋服という枠の中で、大きなものを創れるかと挑んでいるのではないかと疑ってしまう

そんなはっとするようなパフォーマンスがありながらも、心が穏やかな気持ちになるのはなぜだろうピアノの音色やゆるりとしたウォーキングももちろんだが、やはり後ろ姿で魅せるドレープが心を掴んで離さないからではないだろうか

ショー直後の山本耀司が語る、2015-16年秋冬コレクションについて

今季、一番最初に思い浮かんだことは何ですか

古代のギリシャの人たちが、一枚の布を上手に羽織っていてあれは、要するに着付けるということ自分の身にあった着付け方って、人それぞれ違うんですよそのクリエーションってすごいな、俺にできるかなってところから始めました

今季は特にバックスタイルの美しさが際立っていましたね

女性の後ろ姿が大好きで、残り香と言うのでしょうか女性が一番魅力的に見えると思います

突如として現れた、大きなシルエットのドレス作りかけにも見えますが、どういった経緯で創られたのですか

一枚の布だとか、着物だとか、着付けなきゃいけないものに、欧米のものを採り入れるなら「工事中にしよう!」と思いました東京に住んでいて、ストリートを歩いていると、工事中のビルは美しいなと感じるのです要するに、未完成であるという一つの美学ですね

会場となった、ジョルジュポンピドゥー国立美術文化センターは、電気や水道の配管、階段やエスカレーターがむき出しになっているルイ ヴィトン リュック コピー出来た当初は、賛否両論な意見があり、未完成のものと評されたこともあったそうそんな施設と、今季の印象的なルックはリンクする部分があるまた様々な波を乗り越えて、現在は世界から賞賛されている山本自身と結びつく部分もありそうだ

和のテイストも織り込まれているように感じられた、今季着物から離れている若者に「着付けを知らなくていい、俺が羽織るだけのもの作ってあげるから」とのコメントも残してくれた自分の美学をずっと保持つづけながら、挑み続けるそんな山本の力強さを感じたコレクションであった