【ドルチェ&ガッバーナ】ジュンヤ ワタナベ・コム デ ギャルソン 2014-15年秋冬コレクション – パッチワークで魅せた“黒”

ドルチェ&ガッバーナ

ジュンヤ ワタナベコム デ ギャルソン(JUNYA WATANABE COMME des GARÇONS)の2014-15年秋冬コレクションが、パリファッションウィークで発表された

今季は、メッシュやベロア、レザーといった異なる質感の生地を、縫い合わせてつくるスタイルを披露素材は主に丸型や四角に切り抜かれ、形のもつ曲線や直線を活かしながら服にパッチワークをほどこしている

 

1ルックを除き、コレクションは全て“黒”で展開されているが、実に多彩な素材が使用されているため、黒のもつ濃淡や明暗といった微妙な差が一着一着に現れているシースルー地は柔らかさを、ラメ入りの生地は煌びやかさを、ベロアは重厚感をプラスしながら、左右非対称に絶妙なバランスで重ねられたまたウェストからヘムにかけて、ゆるやかに広がるラインが目立ち、コンテンポラリーなアートピースのような独特の存在感を放ちながらも、あからさまではない女性らしさを感じさせた

 

中盤には、ニットトップスが登場ドルチェ セーター コピーカーディガンのボタンをずらしたようなプルオーバーにはラメ入り生地をミックスしているほか、アイボリーのケーブルニットは、色味の異なるニットをの切れ端を、何枚も継ぎはぎして仕上げているその後はバリエーション豊かに、アウター中心の装いが続くライダースジャケット、ポンチョ風コート、ダッフルコートなど、既存のアウターの原型をそのまま残しながら同様のパッチワークがなされたものや、突き出るように立体的なフォルムのダウンも披露された

後半は、ひだのように細い生地を縦や横に組み合わせたケープやドレス、膝下丈のパンツなどで、今季のコレクションを締めくくる足元はポインテッドトゥのメンズライクなシューズでシャープに纏めていた

ドルチェ バッグ コピー