【ブランドコピー】イッセイ ミヤケ 2020年秋冬コレクション – ポジティブなメッセージをのせた“一枚の布”

イッセイ ミヤケ(ISSEY MIYAKE) 2020年秋冬コレクションが、2020年3月1日(日)にフランスパリで発表された新デザイナー近藤悟史によるセカンドシーズンのショーとなる

キャンバスから現れたモデル達

イッセイ ミヤケ 2020年秋冬コレクション - ポジティブなメッセージをのせた“一枚の布”|写真4

会場に設置された真っ白な巨大キャンバスに、ライブアートを行う演出から始まった今季のショー真っ黒なペンでシンプルな洋服のイラストを絵描きだしたかと思えば、突然その縁取りにそってキャンバスからくり抜きはじめた

イッセイ ミヤケ 2020年秋冬コレクション - ポジティブなメッセージをのせた“一枚の布”|写真5

その代わりに現れたのは、先程まで描かれていたイラストと瓜二つとなるワードローブひと繋ぎのニットウェアに、線を引っ張るだけで、ポケットがあるように見せたり、2ピース以上を着ているようにみせかけたユニークな洋服は、アイテムごとの境界線をなくすことを試みた、デザイナーの遊び心を感じられる

“一枚の布”へのアプローチ

こうしたブランドの根幹となる“一枚の布”へアプローチは、あらゆる手法で行われ、またダウン、ポリエステル、ウール…といった様々な生地ごとに、異なる表情を見せてくれるのも面白い

浮遊するドレス

イッセイ ミヤケ 2020年秋冬コレクション - ポジティブなメッセージをのせた“一枚の布”|写真14

例えば通常の2倍以上の丈で仕立てた軽やかなシャツドレスは、本来裾に当たる部分に“ふたつめ”のアームの通し穴を作り、2重に生地を纏っているかのようにみせた重ねることで生まれた布と布の空間には、モデルが両手を広げるたびに空気を含んでふわりと浮かび、優雅な表情を描き出す

伸縮性に富んだプリーツ

イッセイ ミヤケ 2020年秋冬コレクション - ポジティブなメッセージをのせた“一枚の布”|写真43

四角形の布を三角形状に折ったシンプルなドレスには、イッセイ ミヤケらしい細やかなプリーツを施してまるで“和紙”のような透け感を持つ繊細な表情を持っているが、ダイナミックなダンスを繰り広げるモデル達のパフォーマンから、同時に伸縮性にも富んだ機能的なウェアであることもうかがえる

ダイナミックなグラフィックも

イッセイ ミヤケ 2020年秋冬コレクション - ポジティブなメッセージをのせた“一枚の布”|写真40

ダイナミックなグラフィック模様のアウターは、ショルダーラインもしっかりと幅をとり、よりパワフルな表情へと導く同柄の2ピース以上の組み合わせが主流で、計算されたアシンメトリーなシルエットが、躍動感も生み出している

ポジティブなメッセージをのせて

イッセイ ミヤケ 2020年秋冬コレクション - ポジティブなメッセージをのせた“一枚の布”|写真75

ラストに登場したのは、なんと5アイテム以上のニットウェアを1つに繋げたカラフルでユニークなピースアームからアームへ、もしくは胴体同士の結合を通して繋がるそれらは、モデル達全員が手をつなぐことで、最終的に1つのピースのように見せる演出が行われた

“未来への希望を描きたかった”と語る近藤悟史の言葉通り、その姿は、過去未来現在を繋ぐポジティブなメッセージのよう普段はランウェイをすまして闊歩するモデル達も、今日ばかりは満面の笑みで会場をあとにした